メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 17を翻訳中

手順17
Let's take a quick deep dive on these triggers: First up, the button sensors—R1 on the left and R2 on the right. R2 seems to use a "two-stage" sensor to differentiate partial and full trigger pulls, while R1 is a plain-Jane digital switch. Next, the plastic frame, metal pin, and spring. These pieces perform the non-adaptive R2 trigger action, without the rest of the fancy parts.
  • Let's take a quick deep dive on these triggers:

  • First up, the button sensors—R1 on the left and R2 on the right. R2 seems to use a "two-stage" sensor to differentiate partial and full trigger pulls, while R1 is a plain-Jane digital switch.

  • Next, the plastic frame, metal pin, and spring. These pieces perform the non-adaptive R2 trigger action, without the rest of the fancy parts.

  • The gear system works together as demonstrated in the previous step: the white worm gear (from the green bullet below) spins the circular gear, which drives the arm up to resist R2's lever action.

  • The white gear housing holds all the gear components together. The silver motor sticking out the bottom drives the worm gear. Its leads are soldered to the trigger module's circuit board (up next).

  • Finally, a circuit board to bring it all together! There are two ribbon cable connections: one to the buttons, and one to the motherboard. The black encoder measures the rotation of the circular gear from the yellow bullet.

このトリガー内部を、より詳細に探ってみましょう。

左のR1、右のR2のボタンセンサーを最初に見ていきます。R2は”2段階”のセンサーを使って、トリガーを部分的に引く場合と完全に引く場合の違いを判断するようです。R1は普通のデジタルスイッチです。

次にプラスチックフレーム、メタルピンとバネを調査します。これらのパーツは非可変抵抗のR2トリガーで、搭載されている他の高度なパーツと連動せずに動きます。

ギアシステムは、手順6で説明したように稼働します。白いウォームギア(下のグリーンの項目参照)は円形ギアを回転させて、R2のレバーアクションに抵抗を加えるために、アームが持ち上がります。

白いギアはギア全体の中心部です。底部が突起したシルバーのモーターでウォームギアを動かします。リード線はトリガーモジュールの回路基板に半田付けされています。

最後に、回路基板にこれらの全パーツが繋がっています。リボンケーブルが2箇所に接続しています。1つはボタンに、もう1つはマザーボードです。黒いエンコーダーは、黄色でマークされた(画像2)円形ギアの回転を計測します。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります