メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

Apple Watch Series 6 バッテリーの交換

ガイドの前提条件

この翻訳が完了したとみなされる前に、全ての必須条件ガイドを翻訳する必要があります。

開口方法

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この概要は、検索結果にのみ表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1 — バッテリーの接着剤を柔らかくします

      iOpenerを準備して(もしくはヘアドライヤーやヒートガン)、約2分間Watch表面を温めて、ディスプレイの接着剤を柔らかくします。

      手順2 — どちらの手順に従うか確認してください

      40mmと44mmモデルのバッテリーの取り出し方が、ここから若干異なります。

      手順3 — バッテリーをこじ開けます

      以下4つの手順は、40mmのApple Watch Series 6からバッテリーを取り外す方法です。

      手順4 — バッテリーを動かします

      バッテリーフレックスケーブルは十分な長さがあるので、バッテリーをケースの外に置くことができます。バッテリーを底から持ち上げる際に、ケーブルに負担がかからないようにしてください。

      手順5 — バッテリーの接続を外します

      スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクタをこじ開けて、接続を外します。

      手順6 — バッテリーを取り出します

      バッテリーを取り出します。

      手順7 — バッテリーをこじ開けます

      次の4つの手順では、44mmのApple Watch Series 6からバッテリーを取り外す方法です。

      手順8 — バッテリーを緩めます

      バッテリーのフレックスケーブルは、次の手順の作業中、バッテリーをWatchケースから取り出すのに十分な長さがありますが、バッテリーを持ち上げル時にプレッシャーを与えないようにご注意ください。

      手順9 — バッテリーコネクタのネジを外します

      1.2mmトライポイント Y000ネジを1本外します。

      手順10

      ピンセットを使って、バッテリーコネクタを覆っているメタルシールドを取り出します。

      手順11

      スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクタをこじ開けて、接続を外します。

      手順12 — バッテリーを取り出します

      バッテリーを取り出します。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります