メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

英語
日本語

手順 5を翻訳中

手順5
On the flip side, we find some easy purchase under a speaker grille—the cutout is conveniently in the case rather than a thin part of the screen, making the glass a bit less prone to cracking around our pick. That said, this screen-first entry is no picnic. Hefty heat, some booby-trap cables, and unprotected displays under the glass make this procedure a doozy. Eschewing those trendy and somewhat unproven folding displays in favor of a twin-screen configuration was bold, but potentially a lot of work if you ever have two cracked screens to repair. Double jeopardy!
  • On the flip side, we find some easy purchase under a speaker grille—the cutout is conveniently in the case rather than a thin part of the screen, making the glass a bit less prone to cracking around our pick.

  • That said, this screen-first entry is no picnic. Hefty heat, some booby-trap cables, and unprotected displays under the glass make this procedure a doozy.

  • Eschewing those trendy and somewhat unproven folding displays in favor of a twin-screen configuration was bold, but potentially a lot of work if you ever have two cracked screens to repair. Double jeopardy!

  • We suppose the dual-screen factor is what makes this a "Duo." That means if and when they transition to a foldable display, it will be a ... Solo?

  • Like some of the other specs in this device, the displays are flagship-tier by 2019 standards, which means no high-refresh rate here. Just two venerable 60 Hz AMOLED panels from LG Display.

裏側に回ると、スピーカーグリル下に侵入しやすい部分があるのを見つけました。便利なことに切り欠きは、ガラスに亀裂を生じてしまいやすい薄いスクリーン上ではなく、ケース上に入っています。

このスクリーンへの最初の侵入は困難です。強力な熱、罠が仕掛けられたケーブル、そしてガラスの下に搭載されたデリケートなディスプレイがあるため、作業には手間がかかります。

最先端デザインで、まだ未知の折りたたみ式ディスプレイとは少し異なり、ツインのスクリーンを搭載しているのは大胆です。しかし2つのひび割れたスクリーンの修理を考えると、大変な作業となるでしょう。これはトラブル2倍です!

このデュアルスクリーンデザインに基づいて、モデル名”Duo"が採用されたのでしょうが、将来シングルスクリーンへと移行すれば、モデル名は…Soloに変更でしょうか?

その他のパーツスペックと同じく、ディスプレイのスペックも2019年スタンダードではトップレベルです。つまり、リフレッシュレートが高くありません。両側とも、普通のLG ディスプレイの60Hz AMOLEDパネルが搭載されています。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります