メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

Samsung Galaxy Note 20/Note 20 Ultraの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    両モデルは、様々なバージョンが発売されていますが、私たちが選んだのはUS版5G ミリ波対応モデルです。このスペックは以下の通りです。

    手順2

    書き忘れた重要なスペックがありました。カラーオプションです! 私達はNote 20にMystic Greenを、UltraにはMystic Bronzeを選びました。なぜかと言うと、Mystic BlueとBlackがなかったからです。

    手順3

    まず最初に、Sペンを使ってカメラバンプについて幾つかメモ書きを残しておきましょう。ガラスが飛び出したガラス製スマートフォンがお好みなら、Galaxy Note 20 Ultraはそんな貴方にぴったりです。

    手順4

    私たちの準備したiOpenerは、カリフォルニアを覆っている熱帯高気圧のおかげであまり役に立ちません。これを数分間、屋外に出しておけば接着剤は柔らかくなっていたかもしれません。

    手順5

    ほとんどのスマートフォンと同じように、内部に入った後、一番先に外すのはネジです。私たちのEssential Electronics Toolkitが出番を待っていました。

    手順6

    次に点検するのはカメラです。先に両モデルのマザーボードが取り出せます。

    手順7

    Samsungは、まるでAT-ATを彷彿させるマザーボードを作ってくれました。惑星ホスでの戦闘が始まるのでしょう。この全地形対応の装甲トランスポートが搭載しているチップは次の通りです。

    手順8

    AT-ATが反対方向に回り、リベリオンに対して向かってきました!

    手順9

    Noteシリーズのバッテリーを外すこと以上に面倒な事は何でしょうか?しかも同時に2つのNoteバッテリーを外すのです…。

    手順10

    この両モデルで最も不思議な点は、マザーボードの下に搭載されているものです。

    手順11

    メタルケースを最後に残して、2つのAMOLEDディスプレイを点検します。ディスプレイの裏に、私達が探していたコッパーが出てきました!

    手順12

    終わりに近づいてきました。最後にご興味がある方は、360度全方向から見たUltraのX線画像をお楽しみください。

    手順13

    以上です!

    手順14 — リペアビリティ

    Samsung Galaxy Notes 20両モデルのリペアビリティのスケールは3/10です。(10が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります