メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 3を翻訳中

手順3
First things first, we use our S Pens to jot down a few notes about camera bumps. If you like your glass to have glass sticking out of it, the Galaxy Note 20 Ultra is the phone for you. That sprawling triple-lens bump in the iPhone 11 Pro Max now seems like the height of restraint. We are officially sorry for all our complaints.
  • First things first, we use our S Pens to jot down a few notes about camera bumps. If you like your glass to have glass sticking out of it, the Galaxy Note 20 Ultra is the phone for you.

  • That sprawling triple-lens bump in the iPhone 11 Pro Max now seems like the height of restraint. We are officially sorry for all our complaints.

  • While many smartphone components keep improving while shrinking in size, cameras tend to do the opposite—partly because of hard limits in optics, where capturing better images usually requires bigger sensors and more lenses.

  • Google may be the smartphone maker to most convincingly buck this trend, by doing more with less—replacing physical hardware with bleeding-edge software whizbangery. Samsung's approach here is pretty cool, but we'll be keeping our peepers open for the Pixel 5.

まず最初に、Sペンを使ってカメラバンプについて幾つかメモ書きを残しておきましょう。ガラスが飛び出したガラス製スマートフォンがお好みなら、Galaxy Note 20 Ultraはそんな貴方にぴったりです。

並べて比較すると、iPhone 11 Pro Maxの大型トリプルレンズのバンプは、控え気味に見えてきます。以前、iPhone 11 Pro Maxのカメラバンプについて苦情を言いましたが、ここで謝らせてください。

スマートフォンのコンポーネントが改良されると、そのサイズが小さくなる一方、カメラだけは大きくなる傾向にあります。この理由の一つは、高画質な画像を作り出すレンズは、より大型のセンサーとレンズの枚数を増やすことが重要という光学上の限界があるためです。

Googleはこのトレンドに逆行するメーカーと言えるでしょう。物理的なハードウェアを最先端のソフトウェアに引き換えています。この新モデルに施したSamsungのアプローチはとても面白いですが、Pixel 5も次回のお楽しみです。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります