メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 13を翻訳中

手順13
The Motorola Razr earns a 1 out of 10 on our repairability scale (10 is easiest to repair):
Final Thoughts
  • The Motorola Razr earns a 1 out of 10 on our repairability scale (10 is easiest to repair):

  • The only driver you'll need is a standard T3 Torx.

  • The delicate primary display is replaceable, if you're determined.

  • Every repair starts (and ends) with stubborn, glued-on outer covers.

  • Replacing the battery—or rather, batteries—requires near-total disassembly.

  • The charging port is soldered directly to the main board.

  • Complex construction and multiple flex cable booby traps makes for tricky repair work.

Motorola Razrのリペアビリティスコアは1/10です。(スコア10が最も修理しやすい指標)

標準T3トルクスネジ用のドライバーがあれば対応できます。

強い決意があれば、デリケートなディスプレイの交換は可能です。

修理の手始め(そして終わりも)に、多量の接着剤が使用された外側カバーを外さなければなりません。

バッテリーの交換ーこれが1つであっても2つであっても、デバイス全体の解体が必要です。

充電ポートがメイン基板に直接半田付けされています。

複雑な構造で、修理作業中に誤って切断してしまう複数のフレックスケーブルがあります。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります