メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 4を翻訳中

手順4
Our first target is the Razr's lower rear cover. Behind the fancy folding façade, this is still a smartphone like any other, so we're guessing a hot iOpener is our ticket in. Just a little heat does the trick! We're able to wedge an opening pick in there and begin our journey. We're grateful for the innovations of modern smartphones, but boy, would we love to see  the slide-off plastic or metal access panels of yesteryear.
  • Our first target is the Razr's lower rear cover. Behind the fancy folding façade, this is still a smartphone like any other, so we're guessing a hot iOpener is our ticket in.

  • Just a little heat does the trick! We're able to wedge an opening pick in there and begin our journey.

  • We're grateful for the innovations of modern smartphones, but boy, would we love to see the slide-off plastic or metal access panels of yesteryear.

  • Once all the glue is sliced, the cover can wiggle free. But wait! Eagle-eyed viewers may spot the fingerprint sensor cable next to the home button, just waiting to be torn by an eager disassembler.

  • Without repair documentation, booby traps like these can turn a simple fix into a DIY nightmare.

最初のターゲットはRazr下側のリアカバーです。この折りたためるデザインとは裏腹に、このデバイスはいつものスマートフォンと変わりません。そこで、内部侵入するために温めたiOpenerを準備します。

なんと温めるだけで内側が開きます!開口ピックをこの箇所に差し込めば、冒険が始まります。

現代スマートフォンのイノベーションには感謝しますが、昔懐かしいプラスチックやメタル製のアクセスパネルをスライドしていた時代が恋しいです。

全ての接着剤を切開したら、カバーが外れます。ちょっと待ってください!鋭い眼力を持った人であれば、ホームボタンの隣に、分解職人たちがうっかり切断してしまうのを待ちわびている指紋センサケーブルがあるのに気づくはずです。

修理マニュアルがなければ、このような罠によって、簡単な修理がDIYの悪夢へと様変わりするのです。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります