メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

Sony PlayStationの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    ヤングスターの皆さんはおそらく記憶にないないでしょうが、PlayStationが発売された初年度は日本のみで入手可能でした。ここ、アメリカではため息をつきながら上陸を待ち望んでいました。さあ、この先に待っているものを確認してみましょう。

    手順2

    私たちから数フィート離れたところに、この素晴らしい日本モデル(右)とオリジナルのアメリカモデルユニットがあります。大変良く似ています。実際によく見てみると、幾つかの細かい違いが分かります。

    手順3

    コンソールの裏側に周ると、ポートが幾つかあります。MacBook Proの2ポートとは、全くかけ離れています。

    手順4

    そうでした、私たちには英語バージョンがあるのです!ラベルを解読して、ここにある全ての接続オプションを詳細に確認しましょう。

    手順5

    現代のノスタルジアモデルPlayStation Classicと初代PlayStationを重ねてみると、初代モデルはとてつもなく巨大です。

    手順6

    さて、このコンソールの内側に侵入するにはどうすればいいでしょうか?ここの矢印と何か関係するかもしれません…

    手順7

    密かに宝石が飛び出してこないかと期待をしながら、この興味深いコンソールの蓋を持ち上げます。

    手順8

    次に取り出すのはコントローラー用ポートとメモリカードスロットです。

    手順9

    ネジはもうこれ以上ないので、マザーボードを覆っている巨大なメタル製シールドを持ち上げると、この分解の主役が登場です。

    手順10

    ここに宝物があるかどうかは、このボードを見ただけですぐ分かります。

    手順11

    一息では、数多のチップ名を一斉に言えません。もっと他にもチップがあります。

    手順12

    マザーボードを裏返すと、さらに他にもチップが確認できます。

    手順13

    分解は終了です!オリジナルのPlayStationは、それほど多くのものは搭載されていませんが、それでもこのコンソールはSonyのデザインとエンジニアリング技術の証しです。もしくは、その時代はテクノロジーがさほど複雑ではなかったのかもしれません。おそらく、どちらも当てはまるでしょう。

    手順14 — 修理難易度

    Sony PlayStation(SCPH-1000)のリペアビリティのスコアは10点中8点です。(10点が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります