メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

英語
日本語

手順 14を翻訳中

手順14
The Sony PlayStation (SCPH-1000) earns an 8 out of 10 on our repairability scale (10 is easiest to repair):
Final Thoughts
  • The Sony PlayStation (SCPH-1000) earns an 8 out of 10 on our repairability scale (10 is easiest to repair):

  • The console is made up of few components, and each one is straightforward to remove and replace.

  • Only a Phillips screwdriver and a spudger are needed for complete disassembly.

  • The optical drive is one of the easiest components to remove—a good sign knowing these were prone to fail on older models.

  • Because the PlayStation has been around the block several times, repair and service information is widely available, although likely much to Sony's chagrin.

  • All of the I/O ports on the back of the console are soldered to the motherboard.

Sony PlayStation(SCPH-1000)のリペアビリティのスコアは10点中8点です。(10点が最も修理しやすい指標)

コンソールは数少ないコンポーネントで構成されており、各コンポーネントへのアクセスは簡単で、パーツの取り出しも交換も容易にできます。

プラスネジ用のドライバーとスパッジャーがあれば、解体作業は完了します。

最も取り外しやすいコンポーネントの一つが、光学ドライブです。これは古くなったモデルでは消耗に伴い、故障してしまうことを配慮した良いサインです。

PlayStationは長年に渡って市場にあるため、修理とサービス情報は幅広く利用できますが、Sonyは顔をゆがめているでしょう。

コンソール裏側のI/O端子全てが、マザーボードに半田付けされています。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります