メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

手順 7を翻訳中

手順7
We lift the lid off of this curious console, secretly hoping that gems will come flying out for us to collect. Unfortunately we are left empty-handed in the gems department, but there is some pretty cool stuff in here. No dragons, though. First things first, let's carefully dispose of this power supply before we get zapped.
  • We lift the lid off of this curious console, secretly hoping that gems will come flying out for us to collect.

  • Unfortunately we are left empty-handed in the gems department, but there is some pretty cool stuff in here. No dragons, though.

  • First things first, let's carefully dispose of this power supply before we get zapped.

  • This internal power supply is an absolute unit, taking up roughly 20% of the console's footprint. But despite the PlayStation's relatively small size (compared to modern consoles, at least), Sony was able to cram this thing in here seemingly without breaking a sweat.

  • Speaking of breaking a sweat—90's silicon didn't run as hot as today's hardware does, but it's still impressive to see an internal power supply, a whole optical drive assembly, and everything on the main board (more on that later), all running in a fanless configuration.

密かに宝石が飛び出してこないかと期待をしながら、この興味深いコンソールの蓋を持ち上げます。

残念なことに、この宝石箱の左側は空っぽですが、とても素晴らしいものが幾つか詰まっています。ドラゴンはいませんよ。

まず最初に、私たちが感電してしまう前に、この電源を慎重に切りましょう。

この内部電源は完全ユニットで、このコンソール内部の面積のうち約20%を占めています。しかし、PlayStationは比較的小さいサイズ(現代のコンソールと比較すれば)のゲームコンソールにも関わらず、Sonyはこの電源ユニットを、特に労力を費やすことなく、内側に詰め込めたようです。

労力を費やすといえば、90年代のシリコンは今日のハードウェアほど稼働しても発熱しませんでした。それでも、このPlayStation内部に搭載された電源装置、光学ドライブアセンブリ、そしてメイン基板の全てが(詳細は後ほど)ファンのないデザイン構造で稼働できたのは、すごいことです。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります