メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

Microsoft Surface Pro Xの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    素晴らしいKickstandは別にして、このモデルには何が搭載されているのかあまりよく理解していません。でも、それは良いことです。これから分解するユニットは次のようなスペックです。

    手順2

    先月発売されたSurface Pro 7は大部分がイテレーションでしたが、Pro Xは完全に再デザインされています。この数年間で初めてです。新モデル番号は1876です。

    手順3

    Kickstandを上げると、Pro Xには滑らかでカッコいいヒンジがあります。前モデルと比べると、厚みが削られたようです。

    手順4

    まず初めに、わずかに(実際はそれ以上ですが)吸盤カップでスピーカーグリル付近のディスプレイを引っ張り、持ち上げます。

    手順5

    作業は比較的簡単であるものの、この開口方法にはハードルがあります。ディスプレイ底に沿って、フレックスケーブルが数本付けられています。私たちの開口ツールの通り道に、危険なほど近い位置に搭載されているのです。

    手順6

    私たちはPro Tech Toolkitで装備しているのに、ヒートシンクに留められたネジを外すのに必要なのは、たった1本のトルクスビットです。

    手順7

    これらが確認できたものです。

    手順8

    ボードの裏側にはあまり面白いシリコンがありません。しかし、奇妙なシルバーのジャンパーワイヤが巻きついています。ちょっと待ってください。これは、どうやら馴染みのあるもののようです。

    手順9

    Surface ProのKickstandヒンジを動かす素晴らしい仕組みを見慣れてきましたが、今回はさらに高度な構造を見ることができます。

    手順10

    次に進んで、バッテリースペックを見ましょう!前モデルでは、非常に頑丈な接着剤と長時間にわたり闘いました。今回、バッテリーには触れないで、そのまま残しておきます。

    手順11

    ジャジャーン!皆さん、分解はここまでです。これがSurfaceの小さなパーツを全て寄せ集めたものです。

    手順12 — 修理難易度

    MicrosoftもSurface Pro Xのリペアビリティ スコアは10点中6です。(10が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります