メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 11を翻訳中

手順11
Ta-da! That's all for now, folks. Here are all the little bits of this Surface. It would seem that Microsoft has placed at least one foot on the repairability train—between this Pro X and the Laptop 3, we can hardly believe all the repair-focused changes they've made!
  • Ta-da! That's all for now, folks. Here are all the little bits of this Surface.

  • It would seem that Microsoft has placed at least one foot on the repairability train—between this Pro X and the Laptop 3, we can hardly believe all the repair-focused changes they've made!

  • The SSD is truly user-replaceable, requiring only a SIM eject pin and a T3 driver—no need to remove the screen. That’s awesome to see in such a slim form factor. As a bonus, it’s the same SSD as in the Laptop 3, meaning more standardization and better support from third parties.

  • In a first for tablets, the display is held down with friendly foam adhesive that doesn’t require heat or solvents to remove. We still don’t like adhesive, but this is a fair compromise on a tablet.

  • What does all that mean? Time to give this thing a score.

ジャジャーン!皆さん、分解はここまでです。これがSurfaceの小さなパーツを全て寄せ集めたものです。

Microsoftは”修理しやすい”方面行きの電車に少なくとも片足を乗せたようです。Pro XとLaptop3のモデルで、修理に標準をあてた修正がここまで取り入れられているのは信じがたいほどです。

SSDは、ユーザー自身で交換できます。必要なのはSIMエジェクトピンとT3ドライバーです。スクリーンを取り出す必要もありません。このようなスリムなフォームファクターでこの結果は、素晴らしいことです。ボーナスとして、SSDはLaptop3と同じです。標準化されたパーツは、一般修理業者をサポートすることに繋がります。

タブレット、ディスプレイは修理しやすいフォーム製接着剤が使用されており、温めたり溶解する必要がありません。接着剤自体は好きではありませんが、タブレットでは十分に妥協できる代物です。

これら全ては、どういう意味をもたらすのでしょうか?このデバイスにリペアビリティのスコアを付ける時間です。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります