メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 4を翻訳中

手順4
But first—a little suction (maybe more than a little) to try and lift the display near the speaker grille. Look ma, no heat! Perhaps our iOpeners can take the day off—we're able to cut right in, iMac-style. No goopy tendrils hold this display down—it comes off clean!
  • But first—a little suction (maybe more than a little) to try and lift the display near the speaker grille.

  • Look ma, no heat! Perhaps our iOpeners can take the day off—we're able to cut right in, iMac-style.

  • No goopy tendrils hold this display down—it comes off clean!

  • This friendly, cuttable foam adhesive is truly an improvement over previous Surface Pro devices—and pretty much all other tablets with glued-down screens. High heat, furious cutting and prying, glue-covered tools, and (frequently) accidentally cracked screens are "features" we will happily kiss goodbye.

  • Not pictured: the teardown team performing a celebratory dance around the photo table. We never thought we'd get into a Surface Pro this easily.

まず初めに、わずかに(実際はそれ以上ですが)吸盤カップでスピーカーグリル付近のディスプレイを引っ張り、持ち上げます。

なんと、温める必要がありません!恐らくiOpenerの出番はありません。iMacスタイルで接着剤を切開していきます。

このディスプレイに留められたのは、粘着質たっぷりの接着剤ではありません!綺麗に剥がせます!

この修理しやすく、切断できるフォーム接着剤は、前モデルのSurface Proを含め接着剤で固定された大多数のタブレットと比べると大きく改善されました。熱を当てて、激しくこじ開け、その挙句にアクシデントでスクリーンが(高い確率で)ひび割れるという問題とも、喜んでお別れできます。

画像にはありませんが、分解チームは撮影テーブルの周辺で、祝いのダンスを踊りました。Surface Proがこんなにも容易く開口できる日が来るとは思いもしませんでした。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります