メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

iPhone 11 Pro バッテリーの交換

ガイドの前提条件

この翻訳が完了したとみなされる前に、全ての必須条件ガイドを翻訳する必要があります。

iPhone 11 Pro ペンタローブネジの交換

開口方法

ディスプレイアセンブリ

iPhone 11 Pro Taptic Engineの交換

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この概要は、検索結果にのみ表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1 — フレックスケーブルブラケットのネジを外します。

      Y000ドライバーを使って、Lightningフレックスケーブルのブラケットを固定している1.4mmネジを2本外します。

      手順2 — フレックスケーブルブラケットを取り出します。

      フレックスケーブルブラケットを取り出します

      手順3 — Lightingフレックスケーブルの接続を外します。

      ロジックボードからLightningフレックスケーブルコネクタの両側の接続を外します。

      手順4 — フレックスケーブルを脇に寄せます。

      慎重にLightingフレックスケーブルを持ち上げて、iPhone本体の下部に向けてわずかに折り曲げます。ケーブル下のバッテリーにアクセスしやすくなります。

      手順5 — 接着ストリップのプルタブの位置を確認します。

      バッテリーはリアケースに3本のストレッチして外す接着剤で固定されています。そのうち1本は、バッテリー下側端に、もう一本はバッテリー上部、そして最後の1本は右側に付けられています。

      手順6

      バッテリー下部端から最初のバッテリー用接着プルタブをめくり出して、取り出します。

      手順7 — 下側の接着ストリップを取り出します。

      指先でプルタブをつまみ、ゆっくりとバッテリーからデバイス下側に向けて引き抜きます。

      手順8

      上側のプルタブはFace IDセンサーにとても近い位置に付けられています。このセンサーにダメージを与えてしまうと、Face ID機能がAppleでしか復元できなくなります。作業は慎重に進めてください。指でレンズを触らないでください。

      手順9 — バッテリー上部のストリップを取り出します。

      同時に2本のプルタブを摘み、ゆっくりと接着ストリップをバッテリーからiPhone上部に向けて引っ張ります。

      手順10

      バッテリー右側端からバッテリー用プルタブの残り2本を取り出します。

      手順11 — サイドの接着ストリップを取り出します。

      前の手順と同じ方法で、固定されたバッテリーの接着ストリップをストレッチして取り出します。iPhone本体の端に当たってストリップを切断しないようにご注意ください。

      手順12 — 取り出せないバッテリーの対応方法

      接着ストリップが途中で切断したり、バッテリーがリアケースに固定されている場合は、イソプロピルアルコール(濃度90%以上)を取り出せなかったストリップの付近に数滴注入します。

      手順13 — バッテリーを取り出します。

      バッテリーを取り出します。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります