メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 12を翻訳中

手順12
What's left? We pop some more screws and two shields, and the trackpad lifts free from that floating magnetic top cover. Barnacled to the trackpad, we find some familiar silicon: an NXP/Freescale MK22FN512 Kinetis MCU and Synaptics S9101B touch controller. Alas, we were hoping to avoid rivets this time, but we're still stuck with a keyboard assembly that's riveted to the cover.
  • What's left? We pop some more screws and two shields, and the trackpad lifts free from that floating magnetic top cover.

  • Barnacled to the trackpad, we find some familiar silicon: an NXP/Freescale MK22FN512 Kinetis MCU and Synaptics S9101B touch controller.

  • Alas, we were hoping to avoid rivets this time, but we're still stuck with a keyboard assembly that's riveted to the cover.

  • That said, with the trackpad out, a keyboard + top cover replacement could be a reasonable repair. And it's about 1.5 zillion times easier than in any current MacBook Pro.

  • The final bits in the rear case include the still-modular headphone jack—which you can squeak out from under the main board if you're careful.

  • Of minor note: the Surface Connect cable harness looks a bit more put together this time, clothed in handsome black tape instead of a rainbow of wire insulation. It's somethin'!

最後に残っているものは?数本のネジを外して、2つのシールドを取り出せば、マグネット付きのトップカバーからトラックパッドが持ち上がります。

トラックパッド上に埋め込まれているのは、馴染みのあるシリコンです。NXP/Freescale MK22FN512 Kinetis MCUとSynaptics S9101Bタッチコントローラーです。

今回はリベットは避けてほしいと願っていましたが、新モデルでもキーボードアセンブリがカバーにリベットされています。残念です。

トラックパッドを取り出せば、キーボードとトップカバーの交換が比較的簡単にできます。そしてこれは現在のMacBook Proモデルに比べると、比較にならないほど簡単です。

未だにモジュールのヘッドホンジャックを含む、リアケースに残った最後のパーツを、メインボードの下から慎重に取り出します。

追加事項:新モデルのSurface Connectケーブルのハーネスは、前回モデルのレインボーカラー絶縁ワイヤーから、黒いテープで覆われてより頑丈に束ねられているように見えます。良いですね!

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります