メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 5を翻訳中

手順5
Just like that, the whole top cover assembly lifts away! This is a magical moment. We sigh in relief and put away the knife we had on hand to cut this thing open. As a bonus, the cover is tethered by a single flex cable with plenty of slack ... and the connector at the end is secured with a magnet instead of those fussy clip-on brackets that we always ruin. Very slick. With the top case flipped over, behold ... magnets. Magnets! No wonder Panos was able to yank this thing off so easily on stage.
  • Just like that, the whole top cover assembly lifts away! This is a magical moment. We sigh in relief and put away the knife we had on hand to cut this thing open.

  • As a bonus, the cover is tethered by a single flex cable with plenty of slack ... and the connector at the end is secured with a magnet instead of those fussy clip-on brackets that we always ruin. Very slick.

  • With the top case flipped over, behold ... magnets. Magnets! No wonder Panos was able to yank this thing off so easily on stage.

  • He did say to not try that at home. Good thing we're at work!

  • The battery connector doesn't look accessible, which is a recurring theme with Surface devices. However, we find what may be a tiny battery icon on the main board near the top cover connector socket. Perhaps jumping these two pins would safely de-energize the board?

簡単に、トップカバーアセンブリ全体が持ち上がります!魔法の瞬間です。安堵のため息をついて、トップカバーを切開するために準備したカッターを脇に置きます。

ボーナスとして、カバーは十分なたるみを持たせたフレックケーブルで繋がっています。そしてケーブル先端のコネクタは、私たちがいつも破壊してしまうクリップオン ブラケットから、マグネットに変更されています。大変素晴らしいです。

トップケースを裏返すと、見てください…マグネット。マグネットです! Keynoteのステージ上で、Panos氏(Microsoftの主任プロダクトオフィサー)が、これを簡単に引き離していたのも不思議ではありません。

Panos氏はこれを自宅で真似しないように言いました。良かったです、ここはオフィスです!

恐らくバッテリーコネクタはアクセスできません。これは、Surfaceデバイスで変わることのない問題です。しかし、トップカバーのコネクタソケット付近のメインボード上に小さなバッテリーのアイコンらしきものがあります。このアイコンに付けられた2つのピンで、ボードの通電を安全に切れるのでしょうか?

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります