メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

Nintendo Switch Liteの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    何ともワイルドなSwitch Liteが登場しました!Nintendexはこれに付いて何を言及するのでしょうか?

    手順2

    分解を始める前に、X線版ゲームジーニーの電源を入れます。友達のCreative Electron提供です。

    手順3

    新ブライトイエローの2つのJoy-Conを外そうとして、一生懸命引っ張りましたが、どうしても取り外せません。

    手順4

    分解の道が、通行止め(トライポイント)ネジによってブロックされました。この特殊ツールを手に入れるまでは、先に進めません。

    手順5

    ここで、2019年新モデルSwitchのカバーを外して、Liteと比較をしてみます。

    手順6

    効率性が上がったハードウェアが、バッテリー持続時間を延ばすだけでなく、熱の排出を抑えます。そのため、このSwitchには縮小したヒートシンクとファンが搭載されていますが、驚きはしません。

    手順7

    ミニJoy-con用専用ボードを取り出して、Switchを取り巻く問題の原因について詳細に調べてみましょうーそれはJoystickです。

    手順8

    ボードを取り出すと、以前はモジュールだったフラッシュストーレッジが、ここでは半田付けされていることに気がつきます。(従来モデルSwitchのストーレッジ交換は上手くいきませんでした。しかし物理的には交換できます。)

    手順9

    カピパラを裏返して、さらにチップを確認します。

    手順10

    従来モデルSwitchは、非ラミネート加工されたエアギャップ構造のディスプレイが搭載されています。近頃では珍しいものとなりましたが、亀裂が入ったスクリーンの修理は安価で簡単に行うことができます。落としやすい携帯専用デバイスにとって、このようなディスプレイがあれば、修理を安くすることができます。

    手順11

    お財布に優しく、機能は軽めなLiteがレイアウトされました。

    手順12 — 分解を終えて

    Nintendo Switch Liteのリペアビリティのスコアは10点中6点です。(10点が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります