メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

手順 20を翻訳中

手順20
This teardown officially goes to eleven, and here's what we found!
  • This teardown officially goes to eleven, and here's what we found!

  • A much bigger battery made possible by bumping the body 0.4 mm and winning 0.25 mm from 3D Touch.

  • Two battery cables that may have helped Apple's allegedly-scrapped bilateral charging out—but could just as easily help manage battery life.

  • A very non-definitive "4 GB confirmed" rating, given our inability to find dedicated camera RAM.

  • Plus, some RF antennas (we're pretty sure), all the better for the U1 to seek with.

  • Don't touch that dial—we'll have more teardowns for you soon!

早朝から始まったこの分解は、夜の11時までかかりました。そして、発見したことは次の通りです。

3D Touchを廃止して0.25mm、さらに本体を0.4mm厚くしたことで、バッテリーを大容量化できました。

2本のバッテリーケーブルの目的は、Appleが断念したと伝えられる双方向ワイヤレス充電かもしれません。もしくは、バッテリー駆動時間を管理するためでしょう。

残念ながらカメラ専用RAMを見つけることができなかったため、Appleが公表している容量”4GB”が確認できませんでした。

そして、複数のRFアンテナ が、U1チップと連動して上手く機能しています。(おそらく)

まだダイヤルを押さないでください。詳細な分解を近日中にお届けします!

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります