メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

英語
日本語

Samsung Galaxy Note10+ 5G の分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    分解を始める前に、この10+ 5Gの技術仕様について書き留めてみましょう。

    手順2

    ここに並べたのは、昨年モデルNote 9 (左)、新モデルNote 10+ (中央)とNote 10+5G (右)です。違いを見つけてみましょう。

    手順3

    この分解ショーの主役が登場です。魔法の杖ではなく、新しく改良されたSペンです。

    手順4

    いよいよ作業開始です!熱と開口ピックのデュオを、バックカバーの下に難なく滑り込ませることができました。(作業をしているエンジニアたちは、汗だくだったでしょう。) 彼らは毎日こんなことをやっているから出来るのです。

    手順5

    数本のプラスネジでミッドフレームアセンブリが固定されています。何度も試行錯誤を重ねて開発されたiFixitのMako 64ビットキットで出来ないことはありません!

    手順6

    信頼を寄せているiSclackは接着剤で頑丈に固められたディスプレイ上で働いてくれます。そこで、接着剤で固定されたバッテリーにも試してみることにしました。

    手順7

    SIMとmicroSDトレイを取り出すと、マザーボードが外せます。小型サイズ6.3インチのNote10には、microSDトレイは搭載されていません。

    手順8

    沢山のカメラを取り出したにもかかわらず、マザーボードに残ったものでずっしりと重みがあります。

    手順9

    このシリコンサンドイッチを開いて、何が搭載されているのか確認してみましょう。

    手順10

    さらに多くのチップが詰まっています。

    手順11

    あともう少し残っています。

    手順12

    次は iFixitユーザーのChunglin Chinさんより情報提供されたチップ情報です:

    手順13

    Sensor ID:

    手順14

    ドーターボードは簡単に外れます。半田付けされたUSB-Cポートと下側のマイクが一緒に取り出せます。

    手順15

    あと2つのコンポーネントを取り出すと、このデバイスは空っぽになります。

    手順16

    温めてこじ開けるといった面倒臭い作業を繰り返した後、Samsung製6.8インチ Dynamic AMOLED Infinity-O Displayの裏側を覗くことができました。

    手順17

    次に、分解の目は ( x)( x) 、Sペンに向けられました。シームレス構造のため、ペンを開いて破壊したくありません。そのため、Creative ElectronがX線で撮影した画像を確認します。

    手順18

    これらのパーツから、数多くのことを学びました。ー皆さん、ノートは取りましたか?

    手順19 — 分解を終えて

    SamsungのGalaxy Note10+ 5Gのリペアビリティのスコアは10点中3点です。(10点が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります