メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

英語
日本語

手順 14を翻訳中

手順14
After some tedious behind-the-scenes heating and prying, we are rewarded with a peek at the backside of this Samsung-made 6.8” Dynamic AMOLED Infinity-O display. This is the biggest, brightest, most color-accurate display ever on a Note phone—but we can't help but wonder what's keeping Samsung from a refresh rate update to 90 Hz, like its phablet competitor, the OnePlus 7 Pro. The ultrasonic fingerprint sensor clings to the back of this behemoth display, just as it did to the S10 we tore down not too long ago.
  • After some tedious behind-the-scenes heating and prying, we are rewarded with a peek at the backside of this Samsung-made 6.8” Dynamic AMOLED Infinity-O display.

  • This is the biggest, brightest, most color-accurate display ever on a Note phone—but we can't help but wonder what's keeping Samsung from a refresh rate update to 90 Hz, like its phablet competitor, the OnePlus 7 Pro.

  • The ultrasonic fingerprint sensor clings to the back of this behemoth display, just as it did to the S10 we tore down not too long ago.

  • With the screen removed, we see that the earpiece speaker actually fires into a shallow metal chamber, which channels the sound waves into the teeny tiny grille along the top edge of the frame.

  • Can't quite make it out? We couldn't either. Computer, zoom and enhance.

温めてこじ開けるといった面倒臭い作業を繰り返した後、Samsung製6.8インチ Dynamic AMOLED Infinity-O Displayの裏側を覗くことができました。

このディスプレイは、Noteシリーズの中で最も大きくて明るく、色精度が最も正確です。しかし、ファブレットの競合メーカーであるOnePlus 7 Proのように、Samsungはリフレッシュレートを90 Hzに更新しなかったのでしょうか。どうしてもこの疑問に辿り着きます。

超音波指紋センサーが、この巨大なディスプレイの裏側にしがみついています。この前、分解したS10と同じです。

スクリーンを取り出すと、イヤホンスピーカーがメタル製チャンバーに向けて搭載されていることが分かります。つまりメタル製チャンバーが、フレーム上部端に沿って非常に小さなグリルにサウンドウェーブを伝えているのです。

小さいグリルが分かりますか?私たちもよく分かりませんでした。コンピューターで焦点を当ててズームしてみました。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります