メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

MacBookPro 13インチ (2X Thunderbolt) 2019の分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    まず先に、このモデルに搭載された新しいラインナップを見ていきましょう。

    手順2

    ポツンと一人ぼっちで居ても、私たちはヘッドフォンジャックの復活を嬉んでいます。("Pro"なのに、2つのポートとヘッドフォンジャックだけなんて、少なすぎだと思いませんか?)

    手順3

    Touch IDセンサー用のスペースを、Touch Barの隣に確保するため、Appleは排気口の左のヒートパイプを若干短くしたようです。1枚目の画像で、2016年の"前モデル"(上側)と今年のモデル(下側)を見比べてください。

    手順4

    ファンと反対側に位置するスピーカーも、2016年の前モデルと比べて縮小したようです。

    手順5

    ロジックボードを持ち上げて、何が隠れているか見てみましょう。

    手順6

    反対側にも、さらにチップが埋もれています。

    手順7

    キーボードに関しては、遡ること今年の5月に分解したMacBookProの分解で発見した第3.5世代バタフライ式スイッチデザインと同じものです。

    手順8

    私たちはこの最新モデルに軽くtouchできたので、ここで分解は終了です!確かにこのファンクションキーなしのMacBookの中にはいくつかのサプライズがありました。下にまとめてみましょう。

    手順9

    MacBookPro13インチ(Thunderboltポートx2)のリペアビリティは、10点中2点です。(10点が最も修理し易い指標です)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります