メインコンテンツにスキップ

Fix Your Stuff

Right to Repair

Parts & Tools

英語
日本語

MacBook Pro 15" Touch Bar 2018 スクリーンの交換

ガイドの前提条件

この翻訳が完了したとみなされる前に、全ての必須条件ガイドを翻訳する必要があります。

自動起動設定の無効化

MacBook Pro 15" Touch Bar 2018 下部ケースの交換

MacBook Pro 15" Touch Bar Late 2016 バッテリーの接続方法

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1

      T3トルクスドライバーを使って、ディスプレイボードのフレックスケーブル上のカバーを固定している3.5mmネジを2本外します。

      手順2

      T3トルクスドライバーを使って、ディスプレイボードケーブルのコネクタ用のブラケットを固定している2本の1.7 mmネジを外します。

      手順3

      スパッジャーを使って、ディスプレイボード用のフレックスケーブルの接続を外します。

      手順4

      T3ドライバーを使って、左右ヒンジカバーを固定している2.0mmネジを2本ずつ(合計4本)外します。

      手順5

      両方のヒンジカバーを外します。

      手順6

      T5トルクスドライバーを使って、アンテナケーブルバンドルを固定している2.9 mmネジを1本外します。

      手順7

      3つ全てのアンテナケーブルをソケットからまっすぐ引き抜いて、接続を外します。

      手順8

      T5ドライバーを使って、ディスプレイボードを固定している3.3mmネジを4本外します。

      手順9

      P2ペンタローブドライバーを使って、アンテナアセンブリを固定している1.5 mmを16本外します。

      手順10

      開口ピックを使って、MacBook Proからアンテナアセンブリをこじ開けて、接続を外します。

      手順11

      アンテナアセンブリを慎重に取り外し、同時にヒートシンクの下からアンテナケーブルの束を外します。

      手順12

      T3トルクスドライバーを使って、ディスプレイケーブルカバーのネジを固定している3.9 mmネジを4本外します。

      手順13

      T8トルクスドライバーを使って、各ヒンジから4.9 mmネジを2本ずつ(合計4本)外します。

      手順14

      再組み立ての際は、最初にヒンジねじを締めずに取り付けます。 それから、スクリーンが正しく中央に配置され、両サイドがきちんと揃うまで位置を調整します。 最後に、ネジを締めます。

      手順15

      スクリーンを再利用する場合、スクリーンを開いて、各ヒンジの上のスクリーンに直接テープを貼ってください。この作業により次の手順を行う際に、スクリーンにスクラッチが入らないよう防ぐことができます。

      手順16

      T8トルクスドライバーを使って、4.9 mmヒンジ用ネジ(各ヒンジから1本ずつ)を計2本外します。

      手順17

      MacBook Proのスクリーンとメイン本体をしっかりと持ちます。作業中、どちらかが予期せず倒れないようにご注意ください。

      手順18

      スクリーンが外れます。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります