メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

Samsung Galaxy Foldの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    分解の前に、ハードウェアスペックのレビューを行います。私たちは、与えられた宿題をここでコピペしなければなりません。4月に書き込んだスペック内容と同じようです。

    手順2

    この新モデルで初登場です。詳細な取り扱い説明書には、スクリーンを強くタッチしないよう、デバイスを埃にさらさないよう警告が書かれています。

    手順3

    Samsungは、オリジナルモデルで問題となった隙間の多くを塞ぎました。 

    手順4

    この厚みについて話をしましたか?理論上は、折りたたみ式スマートフォンはカッコ良いのですが、ポケットに入れると何分かさばります。

    手順5

    さて、これが分解というものです。開いた状態でも関係ありません。侵入ポイントを定めたら進むのみです!

    手順6

    少量の接着剤が付けられたバックカバーでさえ、修理となると頭痛の種です。しかし、バックカバーが外れると、プラスネジが待っています。特殊なデザインに、普通のネジが組み合わさっています。

    手順7

    ほら見てください!このスマホに付いてるものは、もう一つ別のスマホです!反対側を開口します。こちら側には、とてつもなく大きなベゼルの側に、比較的小さな通知用画面が表示されます。

    手順8

    1つ目のバッテリー、2つ目のバッテリー、接着剤が多量に付けられたバッテリー。典型的なSamsungのバッテリーは、イソプロピルアルコールと罵声があれば、取り出せます。

    手順9

    メインボードの下にサインが記されています。フレンドリーなQA(品質保証)スタッフが銅製ヒートシンクにTDという文字を残しています。ーえ、ちょっと待ってください、ひょっとしてTDはTear Down(分解)を意味してのでしょうか? Samsung ?あなたの仕業ですか?もしや、これは運命?

    手順10

    左側の基板をチェックしましょう。

    手順11

    手順12

    ダブルフォンはお楽しみもダブルです!右側のメイン基板にもチップが搭載されています。

    手順13

    手順14

    手順15

    最後に裏側のチップです。

    手順16

    興味深い内部パーツを全てを取り出したので、次にこの分解ショーの主役に注目しましょう。折りたたみできるOLEDディスプレイです。

    手順17

    さてベゼルレスになったスクリーンは、いつでもこじ開けれます! オリジナルFoldでは熱を当てて温める必要がありませんでしたが、今日の分解はそうはいかないようです。Samsungはこのスクリーンを完全に装着させるため、黒いタールのような粘り気のある細長いものを付けています。

    手順18

    やっとここで登場するのが、話題になっている強化スクリーンです。そして追加されたメタル製レイヤーがあります。これはまるで、ディスプレイとバッキングプレートの間にある鉄の鎧のようです。

    手順19

    次に注目するのはヒンジです。オリジナルFoldでは露出していましたが、こちらは新しくテープで覆われています。恐らく外側の背骨の隙間からゴミが侵入してくるのをブロックするためでしょう。

    手順20

    次に、この魔法のヒンジで、折りたたみという驚くべき技術が実現しています。オリジナルのFoldで見たものと非常によく似ています。さて、数えてみましょう。

    手順21

    これが開閉したときの美しい背骨が動く様子です!

    手順22

    改良されたにも関わらず、この美しい蝶の命は依然として儚いものでした。

    手順23 — 分解後

    SamsungのGalaxy Foldのリペアビリティは10点中2点です。(10点満点が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります