メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 18を翻訳中

手順18
Well, well—this must be the reinforced screen we've heard so much about. And we do indeed find an extra metal layer, like chainmail armor between the backing plates and the display. Backing the new notched armor layer are  the aforementioned metal support plates, whose edges are adhered to the phone's frame. This leaves the center spine free of adhesive for a wider-radius fold. All this metal makes the display surprisingly rigid, even when separated from the chassis.
  • Well, well—this must be the reinforced screen we've heard so much about. And we do indeed find an extra metal layer, like chainmail armor between the backing plates and the display.

  • Backing the new notched armor layer are the aforementioned metal support plates, whose edges are adhered to the phone's frame. This leaves the center spine free of adhesive for a wider-radius fold.

  • All this metal makes the display surprisingly rigid, even when separated from the chassis.

  • Once removed from the chassis, the display looks completely flat, with no fold or scoring in sight.

  • The "Advanced Polymer Protective Layer" on top of this flexible display—the one that caused all that ruckus before—is still not to be removed. But at least Samsung has removed temptation by extending it just about all the way to the edges of the screen.

  • We still can't believe that this layer wasn't hidden from the get-go. It looks so similar to the pre-installed screen protectors that ship with Galaxy S10 phones. Did they really think no one would pick at it?

  • We're guessing that removing this layer still kills the display, and since Samsung asked nicely, we'll leave it in place ... for now.

やっとここで登場するのが、話題になっている強化スクリーンです。そして追加されたメタル製レイヤーがあります。これはまるで、ディスプレイとバッキングプレートの間にある鉄の鎧のようです。

凹みの付いた鎧のようなレイヤーの裏に、上述したメタルサポートプレート(バッキングプレート)があります。このプレートの両端はデバイスのフレームに接着剤で固定されています。この設計により、折り目部分に十分なスペースを持たせたまま開閉ができ、背骨に接着剤をする必要がありません。

これら全てのメタルが使用されたディスプレイは驚くほど硬化します。筐体から取り出しても、同じです。

筐体から取り出すと、ディスプレイは、見たところ折り目も傷もない、完全なフラットに見えます。

このフレキシブルなディスプレイの最上部に搭載された"Advanced polymer protective layer(高度ポリマー保護レイヤー)"が、4月のテストレビュアーたちによる大騒動を引き起こしました。このレイヤーは、新モデルでも剥がしてはいけません。Samsungは、少なくともスクリーン端までレイヤーを伸ばして、剥がせないよう対処しました。

なぜ前モデルで、この保護レイヤーの端を隠さなかったのか、私たちにはその理由はよく分かりません。Galaxy S10シリーズにプレインストールされているスクリーンプロテクターと非常によく似ています。Samsungには、想定外だったのでしょうか?

確かに、このレイヤーを剥がすとディスプレイは壊れてしまうでしょう。今回はSamsungが丁寧にお願いしているので、触らないでおきましょう…今のところは。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります