メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 3を翻訳中

手順3
Samsung has shored up many of the leaky spots that previously plagued this phone. Perhaps the most prominent entry point for display-killing debris was at either end of the fold, where a break in the hard  plastic bezel left a big gap.
  • Samsung has shored up many of the leaky spots that previously plagued this phone.

  • Perhaps the most prominent entry point for display-killing debris was at either end of the fold, where a break in the hard plastic bezel left a big gap.

  • We're happy to see that Samsung added a small protective cover to close the gap and prevent our tools debris from sneaking in behind the screen.

  • When closed, the screen is protected—but the spine is still flanked by gaps that our opening picks hop right into. These gaps are less likely to cause immediate screen damage, but will definitely attract dirt.

  • It seems Samsung is trying to cover the most immediately threatening ingress points, but it's extremely challenging to completely seal off a phone with this many moving parts. It'll be interesting to see how future folding designs overcome this.

Samsungは、オリジナルモデルで問題となった隙間の多くを塞ぎました。 

ディスプレイ破壊に繋がる異物が侵入する一番のポイントは、硬質プラスチック製ベゼル部分に残された大きな隙間、背骨(折り目)の上下でしょう。

Sumsungは、スクリーンの裏に異物私たちのツールが入り込まないように、隙間を埋める小さな保護カバーを付けてくれました。

閉じた状態の時、スクリーンは保護されますが、背骨は開口ピックが簡単に差し込める隙間が生じています。すぐにスクリーンのダメージには至らないでしょうが、異物侵入は絶対に避けられないでしょう。

Samsungは、異物侵入ポイントを塞ぐ対処策を講じようとしていますが、動くパーツだらけのデバイスを完全に密封するのは非常に多くの課題があります。将来の折りたたみ式デザインは、この弱点をどう改善していけるのか、興味深いところです。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります