メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 4を翻訳中

手順4
After all that glue, we're treated to some less frustrating fasteners. Knowing Apple's penchant for goofy screw heads, we brought our whole set of drivers. Thankfully this part of the Mini hasn't changed—we're just dealing with standard Phillips heads here.
  • After all that glue, we're treated to some less frustrating fasteners.

  • Knowing Apple's penchant for goofy screw heads, we brought our whole set of drivers. Thankfully this part of the Mini hasn't changed—we're just dealing with standard Phillips heads here.

  • Our drivers make short work of those screws and we remove the bracket covering the display and battery connectors ...

  • ... and it brings along a friend! Turns out the battery flex connector is now adhered to that cover bracket, automatically disconnecting the battery when the bracket is removed. Nifty!

  • Hopefully this will help fixers to not accidentally kill the backlight on their displays.

接着剤の作業が終われば、今回使用されているネジの種類は問題ありません。

特殊なねじ頭を使うアップルの好みを知って、私たちはiFixit特製のドライバーセットを作りました。ありがたいことに、iPad miniのこの部分は変わっていません。ここでは、標準のプラスネジが使われています。

ドライバーで、プラスねじをすぐに取り除き、私達はディスプレイおよび電池のコネクターを覆うブラケットを取リ出すと…

…”連れ”まで付いてきました!バッテリーフレックスコネクターがカバーブラケットに接着されており、ブラケットを外すと自動的にバッテリの接続が外れることがわかりました。素晴らしいです!

このデザインによって、修理人がアクシデントでディスプレイのバックライトを壊さないで済むかもしれません。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります