メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 12を翻訳中

手順12
Reaching into the almost-empty case, we fish out the slightly modified (compared to last time) sync button—now with two additional solder points for the ends of the wireless charging coil. Finally, the thing we came all this way for: the new wireless charging coil, and a thermal pad to keep it cool under pressure. ... which, despite our best efforts, refuses to come out intact.
  • Reaching into the almost-empty case, we fish out the slightly modified (compared to last time) sync button—now with two additional solder points for the ends of the wireless charging coil.

  • Finally, the thing we came all this way for: the new wireless charging coil, and a thermal pad to keep it cool under pressure.

  • ... which, despite our best efforts, refuses to come out intact.

  • This updated case seems designed for increased durability, but not repairability. That beefier hinge and water-repellent coating on the board probably makes for fewer failures—hopefully way fewer, because the rest of this thing is still a hot mess to service.

ほとんど空っぽになったケースの中に手を伸ばして、僅かに変更された(初代モデルと比べて)同期ボタンを取り出します。今回、ワイヤレス充電コイルの先端に繋げるため、半田付けポイントが2箇所増えて、4箇所になりました。

やっとたどり着きましたー新ワイヤレス充電コイルと冷却用サーマルパッドをを見つけました。(右側画像)

…ところが、私たちの最善の努力にも関わらず、このパーツを完全に取り出すことはできません。

この改良されたケースは、耐久性向上のためにデザインされたように見えます。残念ながら、修理難易度は配慮されていません。この頑丈なヒンジとボードに付けられた防水コートによって、このデバイスの問題が軽減されることでしょうーしかし修理難易度が非常に低いゆえ、実際に問題が軽減しない場合はどうしようもありません。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります