メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 6を翻訳中

手順6
While the alcohol helped us get one foot in the door, we caught our tweezers in the jamb. A good firm pry opens up the driver for inspection. Sweat beads as we make an incision down this AirPod's belly using an ultrasonic scalpel knife, slicing the shell without damaging the battery underneath ... mostly. Flex cables, antennas, and microphones are all carefully folded together like origami and cemented in place with glue. We cut away as much of the outer casing as we dare, and painstakingly scoop out the rest with a fine dental pick.
  • While the alcohol helped us get one foot in the door, we caught our tweezers in the jamb. A good firm pry opens up the driver for inspection.

  • Sweat beads as we make an incision down this AirPod's belly using an ultrasonic scalpel knife, slicing the shell without damaging the battery underneath ... mostly.

  • Flex cables, antennas, and microphones are all carefully folded together like origami and cemented in place with glue. We cut away as much of the outer casing as we dare, and painstakingly scoop out the rest with a fine dental pick.

  • Our badges say Teardown Engineer, but today we feel more like surgeons, or paleontologists. Paleosurgeons?

アルコール風呂は、内部に侵入するための足掛かりとなりました。生じた隙間にピンセットを差し込むことができました。力を込めてこじ開けると、スピーカードライバーを取り出せます。

超音波ナイフのメスを使って、このAirPodのお腹を切開していくと、額から汗が流れ落ちます。下に搭載されたバッテリーを傷つけないように外ケースをスライスしました…が、わずかにダメージが入りました。

フレックスケーブル、アンテナ、マイクはまとめて一緒に折り紙のようにきちんと折り畳まれて、接着剤で固定されています。これから外ケースの大部分を削ぎ落とします。最後に先端が鋭利なツールを使って、残りを掻き出します。

私たちは分解エンジニアというバッジを付けていますが、今日私たちは外科医、もしくは化石発掘調査員のような気分です。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります