メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

MacBook Pro 15" Touch Bar Late 2016ロジックボードアセンブリの交換

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1

      スパッジャーを使って、ロジックボードからキーボードコネクタを持ち上げて接続を外します。

      手順2

      T3トルクスドライバーを使って、ディスプレイボードのフレックスケーブルを固定している3.5 mmネジを2本外します。

      手順3

      T3トルクスドライバーを使って、ディスプレイボードケーブルのコネクタ用ブラケットを固定している1.7 mmネジを2本外します。

      手順4

      ディスプレイボードのフレックスケーブルを、ソケットから引き抜いて、ディスプレイボードから接続を外します。

      手順5

      T3トルクスドライバーを使って、各ヒンジのカバーを固定している2本のネジを外します。(合計4本)

      手順6

      両方のヒンジカバーを外します。

      手順7

      T3トルクスドライバーを使って、Touch IDとヘッドホンジャックケーブルコネクタ用のカバーブラケットを固定している 2.4 mmネジを2本外します。

      手順8

      ヘッドホンジャックのフレックスコネクタをまっすぐロジックボードから引き抜いて、接続を外します。

      手順9

      電源ボタンとTouch IDセンサを、ロジックボードからこのコネクタを引き上げて接続を外します。

      手順10

      T3トルクスドライバを使って、Touch Barデジタイザーコネクタ用のカバーブラケットを固定している1.3 mmネジを外します。

      手順11

      ピンセットを使って、MacBook Proサイドの端に向けてブラケットをスライドします。ロジックボード上のスロット付きの固定タブを外します。

      手順12

      ロジックボードからTouch Barデジタイザのケーブルをまっすぐ引き上げて、接続を外します。

      手順13

      T3トルクスドライバを使って、Touch Barディスプレイケーブルコネクタ用のブラケットを固定している1.9 mmネジを2本外します。

      手順14

      Touch Barディスプレイケーブルのコネクタをロジックボードからまっすぐ引き上げて、接続を外します。

      手順15

      T3トルクスドライバーを使用します。

      手順16

      Thunderboltケーブルのソケット両方からカバーブラケットを取り出します。

      手順17

      スパッジャーを使って、左側のThunderboltフレックスケーブルをロジックボードからまっすぐ引き上げて接続を外します。

      手順18

      続けて、反対側のThunderboltフレックスケーブルのコネクタの接続を外します。

      手順19

      スパッジャーの平面側先端を使って、2つのスピーカーコネクタ付近の各ケーブルの下にスライドして、接続を外します。

      手順20

      マイクケーブルコネクタのソケットを覆っているテープがあれば剥がします。

      手順21

      マイクロフォンケーブルのZIFコネクタ上の固定フラップを、ロジックボードからまっすぐ引き上げて開きます。

      手順22

      マイクロフォンのケーブルをファン側に引っ張り、ソケットから外して接続を外します。

      手順23

      T5トルクスドライバを使って、アンテナケーブルの束を固定している2.9 mmネジを1本外します。

      手順24

      3本のアンテナケーブルをソケットから引き上げて、接続を外します。

      手順25

      ロジックボードアセンブリを固定している10本のネジを外します。

      手順26

      ファンと2つのゴム製バイブレーション吸収用ストリップを剥がします。(完全に取り外さないでください。)

      手順27

      ロジックボードアセンブリはタイトに装着されています。左側端にスパッジャーを挿入してわずかにテコで持ち上げると、より簡単に取り出せます。

      手順28

      ロジックボードアセンブリを再装着する際は:

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります