メインコンテンツにスキップ

Fix Your Stuff

Right to Repair

Parts & Tools

英語
日本語

MacBook Pro 15" Touch Bar Late 2016 トラックパッドアセンブリの修理

ガイドの前提条件

この翻訳が完了したとみなされる前に、全ての必須条件ガイドを翻訳する必要があります。

自動起動設定の無効化

MacBook Pro 15" Touch Bar 2018 下部ケースの交換

MacBook Pro 15" Touch Bar Late 2016 バッテリーの接続方法

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1

      T3ドライバーを使って、キーボードとトラックパッドケーブルコネクタ用のカバーブラケットを固定している1.9 mmネジを2本外します。

      手順2

      スパッジャーを使ってトラックパッドケーブルをまっすぐ上にこじ開けて、ロジックボードから接続を外します。

      手順3

      トラックパッドのリボンケーブルに中程度の熱を当てて温めます。バッテリーを固定するために留められた接着剤を柔らかくします。

      手順4

      慎重にトラックパッドケーブルをバッテリーから剥がし、作業の邪魔にならないように、反対側に押し出します。

      手順5

      T5トルクスドライバーを使って、トラックパッドアセンブリを固定している13本のネジを外します。

      手順6

      ディスプレイをわずかに開きますが、MacBookを裏返したままにします。トラックパッドアセンブリは離して、ディスプレイ上で水平に載せます。

      手順7

      トラックパッドアセンブリを取り出す際は、ネジポストについている9つの小さなメタル製ワッシャーを紛失しないように特にご注意ください。(わずかに当たってしまうだけで飛び出してしまいます)

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります