メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

iPad Mini CDMAのフロントパネルの交換

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1

      ディスプレイガラスにひびが入った場合は、ダメージが広がらないように、また作業中怪我などしないように、ガラスにテープを貼ります。

      手順2

      iPadの横、ホームボタンアセンブリの左側に温めたiOpenerを配置します。

      手順3

      温めた側の真ん中に吸盤ップを取り付けます。

      手順4

      吸盤カップをガラスに付けたまま固定しながら、ガラスとiPad本体の間に生じた隙間に開封ピックを差し込みます。

      手順5

      iOpenerを再度温めて同じ場所に配置します。

      手順6

      2番目の開口ピックを最初のピックの隣に差し込み、iPadの端に沿ってピックを使いながら接着剤を剥がし、下方にスライドさせます。

      手順7

      開口ピックをディスプレイの横に差し込み、接着剤を剥がしながら下向きに動かします。

      手順8

      iPadの上部端に向かって最初に差し込んだピックをスライドさせます。

      手順9

      iOpenerを再度温めて、iPadの上部端、正面カメラ上に配置します。

      手順10

      iPadの上部左端まで開口ピックをスライドして接着剤を剥がします。

      手順11

      開口ピックをiPadの上部端に沿ってスライドさせ、カメラまで到達したら止めます。

      手順12

      開口ピックを少し引いて、丁寧に正面カメラの上部に沿って先端部分をスライドします。

      手順13

      iPadの開口ピックを正面カメラを少し通過した地点で挟んだまま留めます。

      手順14

      前回カメラ付近で置いたままの開口ピックをiPadの奥深くへ差し込み、カメラから右側端に向かってスライドします。

      手順15

      3番目のピックをiPadの角に差し込んだままの状態にして正面パネルの接着剤が再装着しないようにします。

      手順16

      上部右側にピックを差し込み、上部端のガラス周辺を接着剤から完全に剥がすまで十分にスライドさせます。

      手順17

      新しい開口ピックを差し込み、iPadの右側端から中央までスライドします。ピックを進めながら接着剤を剥がします。

      手順18

      それからiPadの右側端の下まで接着剤を剥がしながらスライドさせます。

      手順19

      iOpenerを再度温めて、開口ピックを画像にある位置に載せます。

      手順20

      左側の下にピックを差し込み、スライドさせながら左側下の角の接着剤を完全に剥ぎ取ります。

      手順21

      前回の手順のピックをそのままの位置にのこします。接着剤が再装着するのを防ぐためです。

      手順22

      前の手順で使用したピックの隣に新しいピックの先端のみを差し込んで、ホームボタンの下をスライドさせます。

      手順23

      iOpenerを再度温めて、iPadの上部ベゼルに載せます。

      手順24

      この手順では特に注意が必要です。接着剤が温められて柔らかくなっているか確認しましょう。開口ピックで全体の接着剤を剥がしていきます。必要に応じて作業を止めてiOpenerを温めて作業を継続します。

      手順25

      iPad下部の両端から接着剤をゆっくりと丁寧に剥がして持ち上げます。

      手順26

      全ての接着剤がはがれたら、フロントガラスを本のページをめくるように開きます。

      手順27

      正面カメラのケーシングはフロントパネルに装着されています。カメラのケーシングを剥がして、カメラを保護するためにこれを元の位置に戻します。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります