メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

英語
日本語

Google Pixel 2 XLの開口手順

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この概要は、検索結果にのみ表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1

      ディスプレイのガラスにひびが入った場合は、けがをしたり、損傷が拡大しないようにガラスにテープを貼ります。これにより表面が平滑になり、吸盤が吸着しやすくなります。

      手順2

      一定の強い力で吸盤を引き上げ、開口ピックをフロントパネルとリアケースの間に挿入します。

      手順3

      次の手順では、一部の領域において、スマートフォンの損傷を避けるためにさらに注意が必要です。

      手順4

      スマートフォンの右端に沿って分解用ピックを下方向にスライドさせ、ディスプレイの粘着剤を分離します。

      手順5

      次の手順では、開口ピックの角ではなく端で切れ目を作ります。これにより、ピックが過度に深く挿入されにくくなります。

      手順6

      スマートフォンの右上隅にピックの平面側先端を再度挿入し、隅からスマートフォンの上端に沿ってスライドさせます。

      手順7

      スマートフォンの右端からディスプレイをゆっくりと持ち上げ、本のように開きます。

      手順8

      開口ツールの角で、デジタイザのケーブルコネクタカバーを持ち上げます。

      手順9

      スパッジャーの先端でデジタイザケーブルを持ち上げ、マザーボードのソケットから外します。

      手順10

      ピンセットを使って、ディスプレイコネクタカバーからテープを剥がします。

      手順11

      ディスプレイコネクタカバー端の小さな穴にスパッジャーの先端を差し込みます。

      手順12

      スパッジャーの平面側先端を使って、ソケットからディスプレイケーブルコネクタを持ち上げます。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります