メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

英語
日本語

Zanco Tiny T1の分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    Tiny T1は極小ですがーでも実はマイティーなのでしょうか?答えは、以下のスペックが教えてくれます。

    手順2

    サイズの参考になるように、ある毛深い反逆者を指名しました。ご心配なくー彼の任務が終われば、ちゃんとリベリオンに護送しますので。

    手順3

    ”マイクロ”USBポートがデバイス本体底の大部分を占めていますーそしてZancoはピンホールのマイクをポートに並列して押し込んだのです。

    手順4

    このサイズのデバイスを開口するには、特別なツールが必要です。なんと、iFixitにはこんなサイズのツールも揃っているのです。

    手順5

    現代のスマートフォンにはネジの隊列とぐちゃぐちゃの接着剤で固められている一方で、Tiny T1はネジ0、接着剤0です!

    手順6

    ここにTiny T1の内部機能を取り出してみましたーこれで全部です。つまり、1つの基板に(ほぼ)全てのパーツが半田付けされています。

    手順7

    このモバイルフォンを機能させるにはどれだけ限定されたチップが搭載されているのでしょうか?よくわかりませんが、大体これぐらいです。

    手順8

    これでTiny Teardown(極小サイズの分解)は終了です!

    手順9 — 分解を終えて

    Tiny T1のリペアビリティは10点中5点です。(10点が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります