メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 4を翻訳中

手順4
Opening a phone of this scale requires specialty tools. Fortunately, iFixit has got it covered. Despite its retro aesthetic, this opening procedure is far from obsolete. Some micro spudger action frees up the front clips, and the top plastic plate is free! Unlike with some phones, we encounter no proprietary screws here.
  • Opening a phone of this scale requires specialty tools. Fortunately, iFixit has got it covered.

  • Despite its retro aesthetic, this opening procedure is far from obsolete. Some micro spudger action frees up the front clips, and the top plastic plate is free!

  • Unlike with some phones, we encounter no proprietary screws here.

  • We move the keypad aside and find the button pad soldered to the board beneath.

  • To supply backlight to the keypad, two white adhesive pads diffuse light from four surface-mounted LEDs underneath.

このサイズのデバイスを開口するには、特別なツールが必要です。なんと、iFixitにはこんなサイズのツールも揃っているのです。

このレトロな形状にも関わらず、開口方法はとても簡単です。マイクロスパッジャーがフロントクリップを解放し、上部のプラスチックプレートが外れます!

他のフォンとは違い、ここにはメーカー独自のネジなんて使われていません。

キーパッドを取り出すと、ボタンパッドが下のボードに半田付けされています。

キーパッドにバックライトを供給するため、2つの白い接着パッドが、その下に付けられた4つの表面実装LEDからの光を拡散しています。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります