メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 3を翻訳中

手順3
A "micro"-USB port occupies the bottom of the phone—and Zanco has managed to squeeze in a pinhole microphone alongside it. Nano is such a relative word, as the "nano" SIM slot dominates the right edge of the phone. If you're prone to butt-dialing people, the Tiny T1 is not for you.
  • A "micro"-USB port occupies the bottom of the phone—and Zanco has managed to squeeze in a pinhole microphone alongside it.

  • Nano is such a relative word, as the "nano" SIM slot dominates the right edge of the phone.

  • If you're prone to butt-dialing people, the Tiny T1 is not for you.

  • Does size matter? We compare the Tiny T1 to its modern compatriots: a tech writer's LG ENV3 and a Samsung Galaxy S9+.

”マイクロ”USBポートがデバイス本体底の大部分を占めていますーそしてZancoはピンホールのマイクをポートに並列して押し込んだのです。

"Nano"という名のSIMスロットがデバイスの右端に占領していますが、Nanoとは相対的です。(実際に"Nano"サイズではなく、ここでは巨大なスロットです。)

電話をポケットにいれたまま、自動で誰かに通話してしまう頻度が高い方は、このデバイスはオススメしません。

サイズが重要ですか?それなら、このTiny T1と今最先端の同胞たちを並べてみましょう。iFixitテックライター達のLG ENV3とSamsung Galaxy S9+と見比べてみました。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります