メインコンテンツにスキップ

注意:あなたは必要条件ガイドを編集しています。あなたが行なう変更は、この手順を含む全ての17個のガイドに反映されます。

英語
日本語

手順 1を翻訳中

手順1
Gently fold the display over away from the rest of the iPod, taking care not to disconnect or break any of the ribbon cables. Set the two halves flat on a table or bench. If your iPod has a black home button assembly rather than the orange one shown here, you can skip this step. The button is not attached to the LCD plate and does not need to be removed to complete the repair.
  • Gently fold the display over away from the rest of the iPod, taking care not to disconnect or break any of the ribbon cables. Set the two halves flat on a table or bench.

  • If your iPod has a black home button assembly rather than the orange one shown here, you can skip this step. The button is not attached to the LCD plate and does not need to be removed to complete the repair.

  • Use a plastic opening tool to pry the home button switch up from the LCD plate.

  • It may be necessary to use a heat gun or hair dryer to soften the adhesive on the back of the home button. Always use a low heat setting.

  • Do not attempt to remove the home button switch, as it is connected to components below the LCD plate.

リボンケーブルの接続を外したり、折ったりしないように注意しながら、ディスプレイをiPodの他の部分から慎重に折りたたんでください。 平らなテーブル上に2つのパーツを配置します。

画像に示されているオレンジ色ではなく黒いホームボタンアセンブリがある場合は、この手順をスキップできます。 ボタンはLCDプレートに取り付けられていないため、作業中、取り外す必要はありません。

プラスチック製開口ツールを使って、ホームボタンスイッチをLCDプレートからこじ開けます。

ホームボタン裏側の接着剤を柔らかくするために、ヒートガンまたはヘアドライヤーが必要な場合があります。 使用する際は、常に低熱設定にしてください。

ホームボタンスイッチはLCDプレートの下のコンポーネントに接続されているため、取り外さないでください。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります