Skip to main content

注意:あなたはさきほど閲覧しているガイドの前提となるページを編集しています。あなたが行った変更は、この手順を含むガイド全体に影響を与えます。

英語
日本語

手順 2を翻訳中

手順2
The next two steps demonstrate the iSclack, a handy tool that we recommend for anyone doing frequent repairs. If you aren't using the iSclack, skip down two steps for an alternate method. If the plastic depth gauge is attached at the center of the iSclack, remove it now—it's not needed for larger phones like the iPhone XR.
  • The next two steps demonstrate the iSclack, a handy tool that we recommend for anyone doing frequent repairs. If you aren't using the iSclack, skip down two steps for an alternate method.

  • If the plastic depth gauge is attached at the center of the iSclack, remove it now—it's not needed for larger phones like the iPhone XR.

  • Position the suction cups near the bottom edge of the iPhone—one on the front, and one on the back.

  • Press both suction cups firmly into place.

  • If your display or back glass is badly cracked, covering it with a layer of clear packing tape may help the suction cups adhere. The iSclack also includes two pieces of tape for this purpose.

次の2つの手順では、修理頻度が高いかたにはお勧めの便利なツールiSclackの使用方法について扱っています。iSclackを使用されない場合は、代替手段を使用するため次の2つの手順をスキップしてください。

プラスチック製のデプスゲージがiSclack中央に付いている場合は、ここで外してください。iPhoneXRのような大型のスマートフォンには必要ありません。

吸盤カップをiPhone下側の端に沿って取り付けます。カップの一つが正面に、もう一つが裏側に装着します。

両側の吸盤カップをしっかりと押さえて固定します。

ディスプレイもしくはリアガラスのひび割れ具合が深刻な場合は、透明な梱包用テープで全体を覆ってください。吸盤カップが装着しやすくなります。このような状態で使用する時のために、iSclackには2つのテープが一緒に梱包されています。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります