メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

英語
日本語

Google Pixel 3 XLの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    まず、新しくノッチが付けられた外観の下に搭載されたPixel 3 XLのテクノロジーを確認してみましょう。

    手順2

    分解を始める前に、スモールサイズのPixel 3と3 XLを並べて、この美しい外観を見てみましょう。

    手順3

    このモデルは前面型デュアルスピーカーで、アルミ製フレームにスピーカーグリルがありません。

    手順4

    外観の確認作業を終えて、内部に侵入しましょう。

    手順5

    想像以上の接着剤が多量に付けられているためかなり格闘しましたが、内部侵入成功です!

    手順6

    強力な接着剤の道はまだまだ続きます。バッテリーに固定されたワイヤレス充電コイルから接着剤を剥がさなけれなばりません。でも根気よく頑張りました!

    手順7

    バッテリーが搭載されていた場所のすぐ上からマザーボードを覆っているアンテナが取り出せます。

    手順8

    シールドを取り出すと、ついにPixelの最新マザーボードにアクセスできます。

    手順9

    すでに接着剤との格闘によって疲弊していますが、ここで落ち着いてチップの確認をしましょう。

    手順10

    そして他にもまだあります…

    手順11

    フレームに少量の接着剤で固定されているワイドアングルカメラを慎重に取り出します。

    手順12

    副基板はすんなりと外れます。一緒にUSB-C ポート、SIMトレイと幾つかのアンテナハードウェアが付いてきます。

    手順13

    サイエンスという名の下で、どこのメーカーが製造したのか知るためにディスプレイを解体します。この防衛力は強大ですが、ヒートと忍耐力そして、意思あるところに道は開けるという気持ちがあれば成功します。

    手順14

    分解アップデート:リクエストに応えて、小さいモデルのPixel 3のディスプレイも同様に分解してみました。製造メーカーはどこでしょうか?こちらはLG製ディスプレイでした!

    手順15

    この Pixelに詰め込まれていた素晴らしい全パーツを並べてみました!

    手順16 — リペアビリティのスコア

    Google Pixel 3 XL のリペアビリティは10点中4点です。(10点が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります