メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

手順 16を翻訳中

手順16
The Google Pixel 3 XL earns a 4 out of 10 on our repairability scale (10 is the easiest to repair):
Final Thoughts
  • The Google Pixel 3 XL earns a 4 out of 10 on our repairability scale (10 is the easiest to repair):

  • The only screws are standard T3 Torx fasteners.

  • Repair-friendly stretch-release adhesive secures the battery.

  • O-rings and adhesives for waterproofing complicate repairs, but make difficult liquid damage repairs less likely.

  • Display repairs are much more difficult than previous models, requiring complete disassembly of the phone.

  • To service any component, you'll have to painstakingly un-glue (and later re-glue) the glass rear panel.

  • Front and back glass means increased vulnerability to drop damage.

Google Pixel 3 XL のリペアビリティは10点中4点です。(10点が最も修理しやすい指標)

唯一使用されている標準型ネジはT3トルクスファスナーネジです。

修理しやすい伸縮性のある接着剤がバッテリーを固定しています。

Oリングと防水用接着剤の使用によって修理作業が複雑になります。同時に、液体ダメージが発生する可能性が低くなります。

ディスプレイ修理は前モデルよりも難易度が増しました。デバイス全体の解体が必要です。

コンポーネントを交換するには、ガラス製リアパネルに付けられた接着剤を剥がさなければなりません。(そして修理後、接着剤を付ける作業が待っています)

正面と背面をガラスで覆われているということは、落下した際にダメージが入る可能性が高くなることを意味します。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります