英語
日本語

手順 10を翻訳中

手順10
Next up, we surgically remove the new noisemaker—that's alleged to be 50% louder, and maybe harder, better, faster? Now that the microphone has migrated over near the digital crown, the speaker can take advantage of that space for more volume.
  • Next up, we surgically remove the new noisemaker—that's alleged to be 50% louder, and maybe harder, better, faster?

  • Now that the microphone has migrated over near the digital crown, the speaker can take advantage of that space for more volume.

  • A silicone gasket seals the speaker to make its water-expelling magic possible, much like it did on last year's version.

  • The little black “eye” adjoining the speaker may be a barometric sensor, cleverly using the speaker grille’s access to the outside atmosphere. Since it no longer needs its own unsightly hole in the chassis as it did in Series 3, this is a victory for Jony Ives everywhere.

  • Update: It turns out there's a tiny tunnel from the air vent we saw in Step 3, passing through the chassis and right into the path of this little sensor. So it probably doesn't need any help from the speaker grille, but we still think it's most likely a barometer.

次に、ノイズを生み出す新スピーカーを摘出します。ー音量が50%も大きくなったと言われています。

マイクがデジタルクラウン付近に移動したため、スピーカーはより音量を集約できるスペースを確保できました。

スピーカーに装着されたシリコン製ガスケットは、昨年モデルと同様に、液体を排出できる仕組みーマジックを装備しています。

スピーカー隣に付いている小さな黒い”眼”は気圧センサではないかと想定しています。デバイス外の環境に近いスピーカーグリルの条件を賢く利用しています。Series 3ではカシス内に気圧センサ用の不恰好な穴を設けたデザインでしたが、もうこの穴は見当たりません。さすが、ジョニー・アイブ(Appleのチーフデザインオフィサー)の力量ですね。

更新情報:手順3でみたエアベントには小さなトンネルがあることがわかりました。トンネルはカシスを通って、この小さなセンサまで繋がっています。そのため、スピーカーグリルの助けは必要ありませんが、それでもこれは気圧センサの可能性が高いと考えています。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります