英語
日本語

手順 6を翻訳中

手順6
On our way to the battery, we encounter the now-standard tri-point. Sorry pentalobe, Apple seems to have a new favorite these days. Disconnecting what we think is the battery leads to a moment of confusion as we realize the battery is still tethered down by its flex cable. So what did we just disconnect?
  • On our way to the battery, we encounter the now-standard tri-point. Sorry pentalobe, Apple seems to have a new favorite these days.

  • Disconnecting what we think is the battery leads to a moment of confusion as we realize the battery is still tethered down by its flex cable. So what did we just disconnect?

  • Probably wasn't important... right?

  • The actual battery flex cable has been rerouted from its location on the Series 3, and now lies sandwiched underneath the battery and above the main board. With that dispatched, let's pop it out!

バッテリーに取り掛かる前に、今では標準的なネジとなったトライポイントネジが見つかりました。ペンタロープネジには申し訳ないのですが、Appleの最近のお気に入りはこちらのようです。

バッテリーだと思っていたものの接続を外しても、バッテリーはまだフレックスケーブルによって繋がれたままです。一瞬、混乱に陥ってしまいました。であるとすれば、先ほど何の接続を外したのでしょうか?

おそらく、大して重要なパーツではなかったのです…よね?

実際のバッテリ用フレックスケーブルは、Series 3で搭載されていた位置から別の場所に移動しています。新モデルではバッテリーとメインボードの間にサンドイッチされた状態で搭載されています。さて、これを外すとバッテリーを取り出せます!

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります