メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

iPhone XS/ XS Maxの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    華麗なる大変身を遂げた昨年度モデルのiPhone Xに新iPhoneはとてもよく似ています。まるで、インテルから始まったチックタックアップグレードサイクルに戻ったようです。さて、これまで公表されてきた情報です。

    手順2

    Gorilla Glass仕様のカバーだけで中身を判断できませんが、昨年の分解テーブルに載せられたXのカバーと大きな変化はありません。

    手順3

    ここに重ねられたのが私たちの分解を待つten達です。

    手順4

    Appleはモデル名の付与スキームを変えても、嬉しいことに開口方法だけは変えないでくれました。

    手順5

    2つのモデルを同時分解するには人手がたりません。オーストラリアにいる筋肉質な助っ人にキックでやっつけてもらいます。

    手順6

    ここでは、より高い耐水性能を実現する証拠を探しています。そこでデバイス間で一番広範囲に隙間が生じる箇所に注目しましょうーSIMカードスロットです。

    手順7

    以前に一度だけこの構造のロジックボードを目にしました。2枚のボードを重ねたPCBサンドイッチを外すのは問題ありません。まずは上側の層には何が搭載されているでしょう。(XSが左側、XS Maxが右側)

    手順8

    ズームして上部のロジックボードの裏側を確認します。

    手順9

    もう少し奥まで行くと、RFボードが確認できます。(XSが左側、XS Maxが右側)

    手順10

    RFボードのパート2です。

    手順11

    次はカメラの時間です!通常、Sシリーズではカメラのアップグレードが加えられます。今回もAppleはカメラの新しいセンサについて語り尽くしました。

    手順12

    脳と眼の解剖が終わったら、これらのモバイルフォンの動力をみていきましょう。

    手順13

    さてAppleのバッテリー折り紙を詳細に見てみましょう。

    手順14

    昨年、革命的だったテクノロジーはあっという間にスタンダードなものとなりましたーXSとXS MaxにもAppleの高度なFace IDを可能にするセンサアレイが搭載されています。

    手順15

    デバイスの底面を剥ぎ取ってみると、ディスプレイチップと小さなケーブルの束があります。

    手順16

    2種類のモデルのシンクロ型分解の最後はこのように並べてみました。

    手順17 — リペアビリティのスコア

    iPhone XSとXS Maxのリペアビリティは10点中6点です。(10点が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります