メインコンテンツにスキップ

ご注意:あなたは前提となるガイドを編集しています。あなたが行なう変更は、この手順を含むガイド全体に反映されます。

英語
日本語

手順 17を翻訳中

手順17
The iPhone XS and XS Max both earn a 6 out of 10 on our repairability scale (10 is the easiest to repair):
Final Thoughts
  • The iPhone XS and XS Max both earn a 6 out of 10 on our repairability scale (10 is the easiest to repair):

  • Critical display and battery repairs remain a priority in the iPhone's design.

  • A broken display can be replaced without removing the biometric Face ID hardware.

  • Liberal use of screws is preferable to glue—but you'll have to bring your Apple-specific drivers (Pentalobe and tri-point) in addition to a standard Phillips.

  • Waterproofing measures complicate some repairs, but make difficult water damage repairs less likely.

  • Glass on front and back doubles the likelihood of drop damage—and if the back glass breaks, you'll be removing every component and replacing the entire chassis.

iPhone XSとXS Maxのリペアビリティは10点中6点です。(10点が最も修理しやすい指標)

最も修理の必然性が高いディスプレイとバッテリーはiPhoneのデザインにおいて配慮されています。

生体認証システムFace IDハードウェアを取り出さずに、壊れたディスプレイの交換ができます。

ネジが自由に使われているのは接着剤に比べて好ましいのですが、通常のプラスネジドライバーに加えてApple独占のネジ用ドライバ (ペンタローブとトライポイント)を揃えなければなりません。

耐水性は特定パーツの修理作業を複雑にしますが、液体ダメージという難易度の高い修理の可能性を低くしてくれます。

デバイス本体を落下してしまうと正面と背面ガラスのダメージが倍増します。背面ガラスが割れてしまうと、全コンポーネントを取り出して、シャーシ全体を交換しなければなりません。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります