メインコンテンツにスキップ

ご注意:あなたは前提となるガイドを編集しています。あなたが行なう変更は、この手順を含むガイド全体に反映されます。

英語
日本語

手順 6を翻訳中

手順6
On the hunt for signs of improved ingress proofing, we turn our attention to the largest unsealed gap in the device—the SIM card slot. Although shaped a little differently, upon closer inspection the gaskets (the important bits) look largely unchanged from last year's iteration. That said, if we were in China there would be a whole other side to this SIM story.
  • On the hunt for signs of improved ingress proofing, we turn our attention to the largest unsealed gap in the device—the SIM card slot.

  • Although shaped a little differently, upon closer inspection the gaskets (the important bits) look largely unchanged from last year's iteration. That said, if we were in China there would be a whole other side to this SIM story.

  • With the topside set of peripherals dispatched, we can finally turn our attention to the most important part of every S-series iPhone—the logic board!

ここでは、より高い耐水性能を実現する証拠を探しています。そこでデバイス間で一番広範囲に隙間が生じる箇所に注目しましょうーSIMカードスロットです。

各SIMカードスロットの形は若干異なるものの、ガスケットを詳細に点検してみると、昨年モデルと大きな変化はないように見えます。(耐水性を実現するためにはこのパーツが一番重要です。)もし私たちが中国に住んでいれば、手にするiPhoneのSIMカードが全く違ったデザインという噂があります。

ひとまず上層部のコンポーネント類を取り出して、iPhoneSシリーズの中で一番重要なパーツに注目してみましょう。ロジックボードの登場です!

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります