メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

Apple Watch Series 2 Force Touch ガスケットの交換

ガイドの前提条件

この翻訳が完了したとみなされる前に、全ての必須条件ガイドを翻訳する必要があります。

Apple Watch Series 2ディスプレイの開口部

Apple Watch Series 2 バッテリーの接続を外すー必須条件

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この概要は、検索結果にのみ表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1

      開口ツールの先端を使って、Force Touchガスケットを外側の端よりまっすぐこじ開けて接続を外します。

      手順2

      Force Touchガスケットのコネクタプレートを持ち上げます。

      手順3

      Force Touchガスケットを慎重にディスプレイ周辺で引っ張ります。

      手順4 — ケースのクリーニング

      90%以上の濃度のイソプロピルアルコールを少量、綿棒に含ませるか、クリーニングパッドを使って、Force Touchガスケットがあった場所を綺麗に拭き取り、残りの接着剤を除去してください。

      手順5 — ディスプレイのクリーニング

      Watchを裏返して、ケースをわずかに持ち上げながら、ディスプレイを水平にします。

      手順6 — 新しいガスケットをインストールします。

      ピンセットを使って、新しいForce Touch ガスケットの底側から保護用シールを慎重に剥がして、接着面を下にします。

      手順7

      Force Touchガスケットをディスプレイ上に対して対角に持ちます。

      手順8

      Force Touchガスケットのコネクタプレートを、こじ開けツールで奥に折りたたみます。

      手順9

      バッテリーを再接続する前に、ディスプレイの接続が繋がっていることを確認してください。

      手順10

      ピンセットを使って、バッテリーコネクタを覆っているメタルプレートを元の位置に戻します。

      手順11

      ピンセットを使って、Force TOuchガスケットの先端にある保護フィルムを慎重に剥がします。

      手順12

      ディスプレイの位置を揃えて、接着剤をしっかりと押さえます。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります