メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

英語
日本語

Apple Watch Series 2ディスプレイの開口部

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この概要は、検索結果にのみ表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1 — Apple Watchの電源を切る

      作業の前にApple Watchの電源を切り、充電器から取り外してください。

      手順2 — 熱を当てます

      iOpenerを使って、(もしくはヘアドライヤーかヒートガン)ディスプレイを温めます。触ると熱い程度まで温めてください。

      手順3 — あらゆる危険性に備えます

      スクリーンとWatch本体の間の隙間は非常に狭いため、鋭利なブレードを使ってこの二つを乖離させなければなりません。作業を始める前に、次の注意書きをよく読んでください。

      手順4 — スクリーンをこじ開けます

      カーブしたブレードをディスプレイとアウターケースの間の隙間の中に当てます。デジタルクラウンに一番近いディスプレイの短いサイドから初めます。

      手順5

      カーブした刃によって、小さな隙間ができたら、ナイフから開口ツールに持ち替えて、細い先端を隙間に挿入します。

      手順6

      開口ピックをディスプレイの下に挿入し、Force Touchガスケットをディスプレイから慎重に取り外します。

      手順7

      ディスプレイケーブルを引っ張らないようにするには、ディスプレイを完全に開かないことです。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります