メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

2018MacBook Pro 13インチ Touch Bar モデルの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    分解ナイフの下にこれらのスペックが詰められています。これから見つけていくものを予習してみましょう。

    手順2

    ここでおまけです!これまで通り、この生け贄の内側をスーパーヒーローの力を借りて見てみましょう。

    手順3

    昨年モデルの13インチMacBook ProTouch Bar搭載モデルと比較してみましょう。カバーだけで判断すると、これは同じモデルだと言うでしょう。

    手順4

    私たちの分解はここからが本番です。早速、6本のペンタローブネジを取り出し、今では通例になった開口作業を一通りこなします。

    手順5

    特に問題なく、バッテリーの接続を外せます。1本のT5トルクスネジで固定されています。ブルーとブラックのPro Tech仕様ドライバーの1本を手に取ります。

    手順6

    唯一の明るい修理情報といえば、これまで通り、トラックパッドは交換可能です。 トルクスネジを数本回すと、簡単に外れます。

    手順7

    Appleはプレスリリースで第3世代キーボードについて言及する際、細心の注意を払っていました。このキーボードに加えられた静けさは、私たちの耳にはやや物足りないように感じます。この下ではもっと何かが起こっているのではないでしょうか。

    手順8

    さあ、ロジックボードを取り出して、点検する時間が来ました!

    手順9

    これはチップだらけの見慣れた口ひげが登場です。

    手順10

    裏返すと、ボーナスのシリコンが搭載されています。

    手順11

    IC識別は続きます。

    手順12

    そして今日はデザートコース付きです。新品のUSB-C電源アダプターです!

    手順13

    2018年MacBook Proモデルが、隠された秘密を暴かれた姿を置き画にしました。

    手順14 — 分解を終えて

    Touch Bar付き2018 MacBook Pro 13インチモデルの修理難易度は10点満点中1点です。(10点が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります