メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 3を翻訳中

手順3
We open up last year's 13" MacBook Pro with Touch Bar for a quick comparison—and if we were to judge a MacBook by its cover, we'd say these were the same machine. Apple says this butterfly keyboard is a bit quieter, but otherwise unchanged. After banging away at the keys in a side-by-side sound-off, we definitely perceive a lower, less clacky tone, but any difference in decibels is difficult to detect. Of course, if you saw our early report on the 15" model, you probably already know where this is going. No reading ahead! We're getting to that.

昨年モデルの13インチMacBook ProTouch Bar搭載モデルと比較してみましょう。カバーだけで判断すると、これは同じモデルだと言うでしょう。

Appleによるとこの新モデルのバタフライキーボードは若干静かになりましたが、それ以外のアップグレードはありません。両モデルを隣り合わせにしてキーボードを連打してみると、新モデルから出る音はより低音で、カチカチという音が少ないものの、Appleが述べているような違いを見つけることはできません。

もちろん、15インチモデルのキーに関して私たちが以前公表したレポートを読まれた方は、おそらく何が変わったのかご存知でしょう。先を読む必要はありません。これからこのキーを点検していきます。

これまでの最大の変化は新しいモデル番号ですー A1989とEMC 3214。

X線ではモジュラー式ヘッドフォンジャックが復活したことが確認できます。Thunderboltハードウェアを見てみましょう。このハードウェアは8世代のCoreプロセッサの4つの追加PCIeレーンのおかげで4つのポートすべてでフルスピードで動作します。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります