メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

iPhone 8 Lightningコネクタアセンブリの交換

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この概要は、検索結果にのみ表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1 — Lightningコネクタアセンブリの接続を外します。

      スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからLightningコネクタケーブルの接続を外します。

      手順2 — ワイヤレス充電コイルの接続を外します。

      スパッジャーの先端を使って、ワイヤレス充電コイルのコネクタの接続を外します。

      手順3 — ロジックボードを外します。

      スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボードからバッテリコネクタの先端を持ち上げます。

      手順4

      バッテリーコネクター付近のロジックボード先端をつまんで持ち上げ、取り外します。

      手順5 — スピーカーを外します。

      リアケースにスピーカーを固定している次のネジを外します。

      手順6

      スピーカーを取り出します。

      手順7 — Lightningコネクタアセンブリを取り出します。

      Lightningコネクタケーブルを固定している3つのネジを外します。

      手順8

      iPhone底側の端にLightningポートを固定している1.4 mmプラスネジを2本外します。

      手順9

      スパッジャーの先端を使ってロジックボード側のマイクに付けられた固定用接着剤を剥がします。

      手順10

      スパッジャーの先端を使ってバッテリー側マイクを接着剤から解放します。

      手順11

      温めたiOpenerをiPhone下側に載せて、画像のように配置します。フレックスケーブルの接着剤が柔らかくなります。

      手順12

      開口ピックをLightningコネクタアセンブリのフレックスケーブルの下に差し込み、リアケースからケーブルを剥がします。

      手順13

      周囲のコンポーネントにダメージを与えないよう注意しながら、フレックスケーブルの上側の接着剤を剥がします。

      手順14

      デバイス本体角のケーブルの下に開口ピックを差し込んで、Lightningコネクタ側に向けてスライドします。

      手順15

      Lightningコネクタをリアケースの穴から丁寧に外します。

      手順16

      Lightningコネクタの下に開口ピックをスライドして、リアケースから残っているアセンブリを外します。

      手順17

      ケースの左側端とLightningアセンブリの接着剤がついている部分の間に開口ピックを差し込みます。

      手順18

      Lightningコネクタアセンブリを取り出します。

      手順19

      Lightningコネクター底面上にあるゴム製ガスケットはiPhoneを液体や埃から保護してくれます。 新しいLightningコネクタアセンブリを取り付ける際はガスケットを慎重に取り外して新しいパーツに移植してください。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります