メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

手順 12を翻訳中

手順12
Trying to get a look at those fancy displays, we hinge the whole optics assembly out of the midframe. These lenses have the same concentric rings as the standard Vive, and are likely the same Fresnel design. We get our greedy hands on one of the lens/display assemblies and carefully thread the display cable out.
  • Trying to get a look at those fancy displays, we hinge the whole optics assembly out of the midframe.

  • These lenses have the same concentric rings as the standard Vive, and are likely the same Fresnel design.

  • We get our greedy hands on one of the lens/display assemblies and carefully thread the display cable out.

  • The display is a Samsung AMS350MU04 AMOLED panel, reportedly the very same that Samsung uses in their own Odyssey mixed reality headset.

これらの素晴らしいディスプレイを点検するため、光学アセンブリ全体をミッドフレームから取り出します。

オリジナルのViveに搭載されていたものと同じコンセントリックリングがレンズについており、今回もまたフレネルデザインが採用されているようです。

さらにレンズ/ディスプレイアセンブリの一つに手を進めて、ゆっくりとディスプレイケーブルを巻き戻していきます。

ディスプレイはSamsung AMS350MU04 AMOLEDパネルで、レポートによるとSamsungが自社製品のSamsung HMD Odysseyに使用しているものと全く同じものです。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります